奴隷制反対の方針と声明

B&H Worldwideの企業グループは、現代の奴隷制と人身売買がそのビジネスとサプライチェーンのあらゆる部分で発生するのを防ぐことに取り組んでおり、これらの犯罪行為に直接的および間接的に関連する現代の奴隷制と人身売買、およびあらゆる形態の腐敗と賄賂を一切容認していません。 。

私たちのポリシーは、倫理的かつ誠実にビジネスを行うための私たちのアプローチをサポートしており、サプライヤーにも同じ基準を期待しています。

私たちは、現代の奴隷制や人身売買のあらゆる形態から保護するために、システムと制御の有効性を改善することに引き続き注力しています。

B&Hワールドワイドについて

B&H Worldwideは、世界中のあらゆる場所で、あらゆるサイズと説明の航空宇宙コンポーネントを管理するための包括的なタイムクリティカルなロジスティクスソリューションを提供します。私たちは航空宇宙産業に専念しています。私たちは、世界中の戦略的に配置されたオフィスから180人の従業員を介してサービスを提供し、パートナーとサプライヤーのグローバルネットワークを活用しています。

私たちのビジョンと価値観:責任声明

B&H Worldwideは、グローバルな航空宇宙ロジスティクスにおいて最も尊敬され、価値があり、情熱的で、信頼できるリーダーになるという明確なビジョンを持っています。私たちのコアバリューは次のように分類されます。お客様が第一であり、情熱とプライド、誠実さとプロフェッショナリズム、卓越性と革新による成長、エンパワーメントと環境とコミュニティ。

このビジョンと価値観は、高い倫理基準への取り組みと、以下を含む誠実なビジネスの遂行をサポートする一連の企業ポリシーによって支えられています。

  • この反奴隷制方針は、サプライチェーンで強制労働、奴隷制、または人身売買の事例がないことを保証し、従業員がこれらの慣行を特定するのを支援するという私たちのコミットメントを強化します。
  • 人身売買や強制労働から保護するために、B&Hワールドワイドの場所で働く資格のチェックを含む採用方針。
  • 従業員とサプライヤーが外部のインセンティブと説得にオープンであることの兆候と影響を認識できるようにするための贈収賄防止ポリシー。
  • すべての従業員が報復なしで懸念を提起できることを知るための内部告発方針。
  • 組織としての私たちの倫理基準と、私たちが従業員にどのように行動することを期待するかを説明する従業員ハンドブック。
  • サプライヤーが倫理基準に関する私たちの期待と彼らがどのように行動することを期待するかを認めるサプライヤー行動規範。

これらのポリシーの順守は定期的なレビューの対象であり、この分野で継続的に改善するのに役立ちます。

サプライチェーン

私たちは、お客様の期待に応えるためにサービスを信頼しているサプライヤーの重要なネットワークを持っています。

2019年に、現代奴隷制の意識を高め、強制労働と現代奴隷制に関する私たちの期待をサプライヤーが理解し、認めるようにすることを目的としたサプライヤー行動規範を導入しました。

サプライチェーンのリスクをさらに軽減するために、今後12か月間、継続的に一連のサプライヤーレビューを開始し、サプライチェーンの不適合を特定して修正できるようにします。 、特にリスクの高い場所で。

将来の計画

B&Hワールドワイドは、B&Hワールドワイドグループ内のプロセス、ポリシー、および行動を引き続き見直し、改善して、当社のビジネスまたはサプライチェーンに強制労働や人身売買がないことを確認します。

直接労働力内での人間の奴隷制や強制労働のリスクは低いと考えていますが、ビジネスを成長させ続けるにつれて、サプライチェーンのリスクはさらに大きくなる可能性があります。

従業員をさらに教育し、サプライチェーンのリスクを理解するために、次の手順を実行する予定です。

  • 従業員の導入計画に現代奴隷法と政策訓練が含まれていることを確認する
  • 既存のすべての従業員が適切にトレーニングされていることを確認します
  • サプライヤー行動規範の順守を拡大する
  • 既存のサプライヤー監査を開始して、サプライヤー行動規範を確実に順守し、必要に応じて是正措置を実施します。
  • 強化された新しいサプライヤープロセスとチェックリストを実装します。

私たちの既存の慣行に加えて上記で強調した行動は、私たちのビジネスまたはサプライチェーンに強制労働や人身売買がないことを保証するというコミットメントにおけるB&Hワールドワイドの重要性の認識を高め続けます。

私たちのビジネスのすべての人は、私たちの内部告発方針に従って、奴隷制および/または人身売買に関する懸念を報告することが奨励されています。

この声明は、2015年現代奴隷法のセクション54(1)に従って作成され、取締役会によって承認されました。

ゲイリーウィルソン
取締役社長

AOG&クリティカルロジスティクスセンター

24時間年中無休のコンタクトセンター
地域のコンタクトセンター

B&Hワールドワイドアップデートを購読する

新しい記事や業界ニュースに関する通知を受け取る